ロータリー情報委員会

一般の方向け

2650地区ロータリー情報委員長会議開催 5月27日

20170527_135002会議全体

2650地区クラブロータリー情報委員長会議開催  2017年5月27日  京都ホテルオークラ

「新入会員の皆様が、立派なロータリアンになっていただくために、ロータリー情報の提供をどうしたらいいのか」を、各クラブの情報委員長が討議する会議が開催されました。2650地区は、会員数230名のクラブから10数名のクラブまで97クラブが存在し、クラブへの年間の新入会員数も大差があり、クラブ運営のあり方も多様です。どうしたら新しい会員の皆様にロータリー情報を効果的にお伝えできるのかの工夫も、クラブの規模によって左右されることが多いのが実情です。そこで、今回の会議では、会議に出席された97クラブの代表の方達をクラブの在籍人数を基準にして10のグループに分けて、グループごとに討論と発表をしていただきました。各グループでは自主的に、討論をリードするディスカッションリーダー(DL)と発表担当者を選んで、熱心に自クラブの状況を語りあい、成果があがっている方法やこれからの課題について議論を深めて、約2時間のグループ討議は、時間が足りないと感じるほどの盛り上がりでした。発表タイムでは、各クラブでの様々な取り組み方やユーモア溢れる意見を披露して頂き、歓声の絶えない雰囲気に包まれました。全くの初対面の方たちが集まったにわか作りのグループでの討議と発表が、これほど円滑に進められ、内容の濃いものとなったのは、DLを務めて頂いた方のリーダーシップ、発表役をされた方のコミュニケーション力、そしてグループの討議で意見発表されたメンバーの皆様の積極的な協力の賜物だと思いました。ロータリアンの力はすごいと実感いたしました。各クラブでは、今回の会議で得られた成果を、次年度以降のクラブ運営に役立てていただけることを、主催者として切に希望しています。ご多忙の中、委員長会議に出席された皆様に感謝申し上げます。

今回の委員長会議は、富田謙三パストガバナー担当諮問委員ご指導のもと、2016~2017年度と2017~2018年度の両地区ロータリー情報委員会メンバーが運営に参加いたしました。感謝申し上げます。

2016~2017年度地区ロータリー情報委員会 委員長高橋行雄

第1グループの討議風景

第2グループの討議風景

第3グループの討議風景

第4グループの討議風景

第5グループの討議風景

第6グループの討議風景

第7グループの討議風景

第8グループの討議風景

第9グループの討議風景

第10グループの討議風景

富田謙三パストガバナー担当諮問委員の挨拶

北谷次年度地区ロータリー情報委員長講評

司会林田地区ロータリー情報委員

今年度企画の反省と次年度に向けた地区委員懇親会