ロータリーフェローズ2650

ロータリーフェローズ2650

会則

国際ロータリー第2650地区学友会
ロータリーフェローズ2650
会 則

第1条(名 称)
本会の名称は「RI第2650地区学友会」と称し、通称を「ロータリーフェローズ2650」とする。

第2条(事務所)
本会は事務局を国際ロータリー第2650地区ガバナー事務所に置く。

第3条(目 的)
本会は、ロータリーの活動またはロータリアンとの関わりによって培った経験を学友仲間と共有し、会員相互の親睦、啓発により自己研鑽に励み、またロータリアンとの交流を通じてロータリー活動への理解をより深めることを目的とする。

第4条(活 動)
本会は前条の目的を達成するために、次の活動を行うものとする(但し、原則任意での参加とする)

  1. 2650地区ロータリークラブの事業等への参加
  2. 2650地区各学友会行事等への参加
  3. その他本会の趣旨に沿う活動(ロータリーフェローズとしての活動)

第5条(会 員)
本会の会員は、第6条に定める条件を満たした者を正会員とする。なお、ロータリークラブ会員は学友会の各行事に参加する事ができる。

第6条(正会員)
本会の正会員となるための資格は、以下のロータリープログラムの経験者でRI2650地区又は地区内ロータリアンが紹介する者で、満18歳以上の者とする。なお、正会員を「学友」と称する。

  • インターアクトクラブOB
  • ローターアクトクラブOB
  • 元青少年交換学生
  • 元RYLA受講生(ライラリアン)
  • 元米山奨学生
  • 以下のロータリー財団プログラムの元参加者
    元GSE(GSE=研究グループ交換)
    元VTT(VTT=職業研修チーム)
    国際親善奨学生、ロータリー平和フェロー、
    グローバル補助金による奨学生、地区補助金の受領者
    ロータリーボランティア補助金、カールP.ミラー助成金、ポリオプラス補助金、個人向け補助金、
    ボランティア奉仕活動補助金、大学教員のための補助金の受領者

第7条(退 会)
会員は本会に退会の意思の申し出る事により、いつでも退会することができる。また、本会の趣旨に反する言動があった時は、役員会の決定を経て会員資格を取り消されることがある。

第8条(役 員)
本会に次の役員を置く(必要に応じて若干名の副幹事、副会計を置く事ができる)

会長   1名
副会長  1名
幹事   1名
会計   1名

会長はロータリアンの中からロータリーアドバイザーを若干名委嘱し、役員会等で意見を求めることができる。ただし、役員会等で議決権は有しない。

第9条(役員選出)
役員の選出は会員の中から役員会が推薦し、総会にてこれを承認する。ただし、選出後帰国・病気等やむを得ない理由により役員活動ができなくなった場合は、役員会で後任を選出する。

第10条(役員の任期)
役員の任期は2年とし、再任を妨げない。ただし、会長は連続2期を限度とする。

第11条(会員の責務)
会員は、学友としての品位を保ち、ロータリーの基本理念を理解し、ロータリーの公共イメージの向上に努めなければならない。

第12条(総 会)
総会は事業年度毎に必ず1回、会長が会員を招集して開催し、次の事項を審議し出席者の過半数の賛成により可決する。臨時総会は役員会が必要と認めたときに開催する。また、議長は出席者の中から選出する。

  1. 活動報告と活動計画
  2. 会計報告と予算
  3. 役員選出
  4. 会則改正

第13条(役員会)
役員会は定期的あるいは必要に応じ開催し、議事はその出席役員の過半数でこれを決する。

第14条(会 費)

  1. 年会費は特に定めず、諸活動における参加費はその都度徴収する。

第15条(運営費)

  1. 本会の運営費は、RI2650地区からの助成金および他の収入をもって充当する。
  2. 事業計画及び予算計画並びに事業報告及び決算報告は年度毎にガバナーの承認を受けなければならない。
    ただし、運営・活動の経費を賄うために費用を徴収することを決めた場合は除く。
  3. 予算及び決算はロータリーの担当地区委員会への提出を必要とする。

第16条(禁止事項)
政治ならびに宗教に係わる一切の活動は禁じるものとする。

第17条(事業年度)
事業年度は、ロータリー年度に準じ7月1日より翌年6月30日迄とする。

第18条(会則改訂)
会則は、役員会の起案により総会において改定することができる。

(付則)本会則は2017年6月17日制定し、同日より施行する。