福井あじさいロータリークラブ

福井あじさいロータリークラブ

会長あいさつ

2017-2018年度
福井あじさいロータリークラブ会長

横山剛史

2017-2018年度イアン ライズリーRI会長 国際ロータリーテーマ

ロータリー:変化をもたらす

「奉仕を通じて人々の人生に、地域に、世界に変化をもたらしひいては、ロータリアンそのものの人生を豊かに生きよう」

「ロータリーの枢軸である倫理観の重視と『超我の奉仕』の理念のもと、各クラブとロータリアンがそれぞれどのように変化をもたらすことができるか、自由に議論し、行動してほしい」

と述べられております。

2017-18年度 2650地区 田中 誠二 ガバナー 地区スローガン

愛着と誇り

人生や仕事、ロータリーに愛着と誇りをもって行動することで、それぞれのロータリー観を醸成し、クラブの魅力を引き出し、よりよい地域つくりと、日本の発展・世界の平和と繁栄にむけて、変化をもたらすことにつなげたい。

となっております。

 

それをふまえ我が福井あじさいロータリーのテーマは、

奉仕を考慮・実行し親睦を深める

とさせていただきます。

 

2016年規定審議会においてロータリー方針の見直しが行われ、クラブ運営大幅な柔軟性が認められました。

会員数の減少、平均年齢の高齢化に対応する為に、クラブが決定できる柔軟性があるほど活気が生まれ、成長する傾向がある。

又、入会者が集まりやすく、新会員と現会員のモチベーションが高まる。

このことがこれまでの調査と会員の経験で示されています。

2016-17年度 福井あじさいロータリークラブは内海会長の元、新たな事業に取り組みました。

会員拡大のために異業種交流会、出席率向上の為に集団メーキャップ、未来戦略計画委員会

等 精力的な事業を行い、成果を上げてまいりました。

2017-18年度においても、引き継ぎ次の一歩に繋げたいと思っております。

ロータリークラブにおいて運営のあり方は個人各位様々です。奉仕を行うやり方に思いは違っても、奉仕を行う事に違いはないはずです。各事業を通じて話し合い、考え、その中から信頼が生まれ、親睦が深まると確信しています。

急激な変化は、混乱を招きかねませんが、RC・個人の成長に変化は必要不可欠です。

各位ロータリー観を尊重しつつ楽しいクラブを目指しますので、

会員皆様方の好意と友情を賜り今年度のご協力よろしくお願いします。

 

 

事業計画

 

会員増強委員会

会員増強はクラブの発展・活性化には、欠かせないものです。異業種交流会は、今年度も行い増員を目指す。又現会員の退会を阻止するための気配りを心掛ける。

 

出席委員会

出席率向上又各クラブの認識を深める為にも、集団メーキャップは年間通じて数回行う。

又Eクラブにてメーキャップが認められているので会員に周知する。

 

社会奉仕委員会

障害者スポーツ通じて・・障害者・高齢者の生きがい、活力を支援するため あじさい杯卓球バレー

を10月14(土)開催する。

福井国体に向け身障者スポーツに貢献する。

 

青少年委員会

9月23日(土)に小学生を対象の事業を計画

5月の青少年月間にセミナー開催

 

国際奉仕委員会

フィリピンマカティRC・フィリピンマカティポブラシオンRCとの共同事業

バンコクスリウォンRCとの連携・協力

 

ホームページの有効活用

高校生対象の模擬面接

RYRAの参加

ドラゴンリバー交流会に参加

同好会の活性化

 

例会について(会場監督『SAA』・親睦・ソングリーダー)

今一度基本に戻り例会開始30分前には準備する。 会場監督(SAA)・親睦・ソングリーダーは開始10分前には受付に待機し、ゲスト・ビジターに対応する。

各月のロータリー月間に関連した委員会の卓話・デスカッションを行う。