平城京ロータリークラブ

平城京ロータリークラブ

会長あいさつ

2017-2018年度
平城京ロータリークラブ会長

喜多信子

2017-18 国際ロータリー会長 イアンH.Sライブリー氏の今年度のテーマは「ロータリーに変化をもたらす」です。

奉仕を通じて人々の人生に、地域に、世界に変化をもたらしロータリアンそのものの人生を豊かに生きよう。であります。

そして又、ロータリーの枢軸である倫理観の重視「超我の奉仕」の精神の下、地域や世界に奉仕する事、奉仕の心を家庭、職業、地域、世界に広げ実践する事を目標として掲げ「愛着と誇り」を地区スローガンとされました。

「愛着と誇りをもってビジョンを描き、クラブの将来を構想し創造と変革に挑戦、クラブ全体の力を強め互いの違いを認め合い相互に敬愛を」と述べられておられました。

平城京ロータリークラブは2017-18年度はこのお二人、イアンH.Sライブリー氏、田中誠二氏のテーマとスローガンに沿いながら運営をしていきたいと考えております。

大変立派なテーマとスローガンであります。しかし現実とは厳しいもので、当クラブの現実はまずは積年の会員減少、増強対策も不発。この喫緊の課題のクリアーが第一となります。

その上で本年度のスローガンと目標を掲げさせて頂きます。

スローガン

「以和為貴」の精神をクラブに活かそう

目標

「和と輪を繋いで楽しみながらそのエネルギーを奉仕活動に向けて発揮しよう」

の2点を掲げさせて頂きます。

スローガン「以和為貴」はご存知のように聖徳太子の有名な言葉「和も以って貴しとなす」です。

「和」とは即ち愛の心でございます。

以和為貴にはあらゆる倫理、理念の基となる哲学、信念が含まれておりロータリーの根本理念である奉仕と親睦も当然含まれております。

和と愛の精神で奉仕活動を行えば自然に愛着となり誇りを持てる事になると考えます。

目標

ロータリークラブは異業種間の交流の場であり、そこには様々な人の思い、習慣、個性、癖など人生哲学が絡みますが、それらを乗り越えて一つの「和」となり、そのエネルギーを奉仕に活かして行く「輪」を構築し、奉仕活動に発展させて行きたいと思っています。

又、当クラブ中窪会員がガバナー補佐に就任されるという栄誉ある喜び事がありました。

全員一同一丸となって後援をしていかなければなりません。

その為には会員増強に一層励み是非会員10名増を目標としたいと、そして、それをもって有意義な奉仕活動をと願っております。

本年度1年間、会員皆々様のご協力・御支援を伏してお願い申し上げます。