東近江ロータリークラブ

東近江ロータリークラブ

会長あいさつ

2018-2019年度
東近江ロータリークラブ会長

三浦 茂樹

三浦会長ロゴ

歴史と伝統ある東近江ロータリークラブ2018-2019年度の会長を拝命しましたことを誇りに思いますと共に、

重責でございますが精一杯努力して参りたいと存じます。

例会の出席は、会員の義務であり権利でもあります。

メンバーが共有する例会の時間を大切にし、大いに愉しみ、

学び、ワクワク感のある「集いの場所」にしたいと思います。

また、クラブの課題を精査し、はっきりとした方向性を示し、それに応じた施策を講じ、

温故知新の精神で、事業の展開を図っていく必要があると思います。

そのためには、歴史ある奉仕事業の継承と、刷新も考慮し、

スパイスを加えた刺激あるクラブの運営を推進していく所存です。

会員の声が響き、息吹が感じられる有意義な一年にしていきたいと考えます。

二年後の創立60周年を迎えるにあたり、メンバー全員が一丸となり、

より強固な組織を築き、ロータリーライフを愉しみ、充実したものにしましょう。

東近江ロータリークラブ発展のため、第58代会長として恥じぬよう少しでもお役に立てればと、

微力ながら精一杯頑張りますので、先輩諸兄の絶大なるご支援ご協力をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

〇クラブの活性化

60周年に向けた強固な組織の構築

例会と事業の充実と出席率の向上

 

〇会員増強と維持

退会者ゼロ、会員増強8名

女性を含めた幅広い増強活動

 

〇奉仕事業と委員会活動の充実

世代を超えたメンバーの交流と家族を含めた親睦活動

各委員会の活発化を図り、一人ひとりの参画意識

ロータリー情報委員会を主とした新入会員の育成

 

 〇社会貢献を視野に入れた事業の展開