京都ロータリークラブ

社会奉仕活動

今年度活動方針

社会奉仕委員長 関谷 昌人君

1992年の規定審議会における社会奉仕についての声明の中に、地域に住む人の生活の質を高め、公共の為に奉仕する事がロータリアンの社会的責務であるとあります。京都の中心という地域においても、インバウンドの急激な増加という大きな変化がおこっています。そこで若い新しい力、考え方を得るため他のロータリーにおけるグループとも協力すると共に専門家によるフォーラムを開催し、京都を取巻く国際情勢を学び、活動に生かしたいと思います。