京都平安ロータリークラブ

京都平安ロータリークラブ

会長あいさつ

2017-2018年度
京都平安ロータリークラブ会長

上中 康司 / Koji Uenaka

会長テーマ

「伏して拾えば即ち是妙粛然となす」

 

20172018年度京都平安ロータリークラブ会長を仰せつかりました上中康司でございます。

今年度のRI会長イアン・H.S.ライズリー氏のテーマは「変化をもたらす」です。そして、第2650地区ガバナー田中誠二様の地区スローガンは「愛着と誇り」です。

ロータリーの原点は職業奉仕です。今年度はクラブメンバーそれぞれの職業をもっとお互いに知り合ってアドバイスをし

合い、お互い繁盛するという職業奉仕の原点に立ち返ったクラブへと変化をもたらしいと思います。

またそういう変革をもたらしてこそ、愛着と誇りをもつことができます。

私のテーマの意味は身をかがめてそこにあるもので他人は取り組まないようなものを拾いこれをたちまちのうちに素晴らしいものにする、という意味です。つまり、誰も興味も示さないような低い価値のものを買い育てることで大きな利益を得ることが出来るということです。

これは、私が常日頃実践している経営哲学であり、また相場哲学です。

我がクラブは現実運営が厳しい状態ですが、いまこの時期に会長をさせて頂いてお互いのビジネスを高めあいながら奉仕をする形に変革をすることで我がクラブを多くの会員が集っていただけるようなクラブへと改革して会員の皆様に大きな利益をもたらしたいと思います。

一年間しっかりと頑張って参ります。皆様の力強いお支え賜ります様に宜しくお願いします。