京都洛西ロータリークラブ

京都洛西ロータリークラブ

会長あいさつ

2017-18年度
京都洛西ロータリークラブ会長

鈴木 雅也

「ロータリーの精神を実践しよう。変化に向けて継続的な挑戦をしよう。」

2017-18年度、京都洛西ロータリークラブ会長を仰せつかりました。 35年の歴史 実績に敬意を表し、その重みをしっかり受け止め身の引き締まる想いで務めて参りたいと存じます。 本年度 イアン H.S ライズリー会長はオーストラリアご出身で、テーマを「ロータリー:変化をもたらす」とされました。 これを受け、田中誠二ガバナーは「愛着と誇り」を地区スローガンとされました。 ロータリークラブが創立されて1世紀以上が経過してもロータリーがロータリーである所以に変わりはなく、その精神は未来につながっていきます。 本年度クラブテーマを「ロータリーの精神を実践しよう。変化に向けて継続的な挑戦をしよう。」とさせて頂きます。 ロータリーの精神とは普遍的なものでありその精神を未来につなげていく手段として、時代に合わせた変化が求められていると考えます。 人生 仕事 ロータリー精神に愛着と誇りを持ち、その仲間を多く募ることが大切です。

会員増強に向けて、更なる工夫と挑戦をいたします。 また、ロータリーを学ぶ為、2ヶ月に1回程度地区、その他から講師を招き卓話を行います。 お役を頂かれた会員は地区研修会等でロータリーを学び、理解されています。 それを会員皆さまと例会にて行いたいと思います。 世界に向けた継続事業として私たちは大日方PGの時より国際奉仕事業としてカンボジア王国地雷地域に力を注いで参りました。 創立25周年より復活し、小学校を建設。 創立30周年にもう一校建設し、創立25周年度より毎年現地小学校を訪問し活動を継続しています。 本年度は、RIの重点項目である水と衛生プロジェクトでその2つの村に衛生的な水と環境を提供するシステムを建設します。 まだ行かれたことのない会員は是非ご一緒いたしましょう。 ロータリークラブが国際的な組織である事、ロータリークラブでしか出来ない事がご理解頂けると思います。 地域に向けた継続事業として嵐山における竹穂垣整備、子どもの成長を守ろうキャンペーンパレードを地域各種団体、ロータリー家族、IAC、RACと共に行います。 また、職業奉仕の理念を理解し実践する試みを致します。  最後に、 志を同じくしたものが、京都洛西ロータリークラブに集い、皆さまで親睦を深め友情を育みロータリー精神の理解と実践に取り組んで参りたいと思います。 ご指導ご鞭撻ご協力の程よろしくお願いいたします。