長浜ロータリークラブ

お知らせ

奉仕プロジェクト事業「高齢化社会の在宅医療を考える」を開催しました。

 長浜ロータリークラブでは、2017年10月1日(日)に、奉仕プロジェクト事業として、
地域医療福祉フォーラム2017「高齢化社会の在宅医療を考える 〜知っていますか?
在宅医療や介護のこと〜」を長浜市浅井文化ホールにて行いました。

 

当日は、長浜米原地域医療支援センター様に、在宅医療・介護の普及、啓発、相談
などの出張事業に使用する自動車がないことの解決のため、活動車両1台の寄贈式を
行いました。

その後、小笠原内科医院の小笠原文雄先生による「なんとめでたいご臨終」の基調講演を
いただき、次に、対話劇「退院です・介護が必要です。その時あなたは?」を観劇しました。
一般市民やクラブのメンバーにもわかりやすく、理解しやすい形で学んでいただきました。

 高齢化社会到来の中、医療費の増大、介護施設の不足等、高齢者やその家族を取り巻く環境
は厳しさを増しています。今回、長浜ロータリークラブの主催で、当フォーラムを開催し、
一般の市民の方やクラブのメンバーに、広く在宅医療のことや介護の現状や問題点を知って
いただくことができました。