鯖江ロータリークラブ

鯖江ロータリークラブ

会長あいさつ

2016-2017年度
鯖江ロータリークラブ会長

田村 康夫

ロータリークラブの活動はエンドレス。今後も絶やす事なく存続・発展させて行かなければなりません。その一端を担う事になり大変な重責ですが、今年度1年間は、RCを優先・中心に会員の先頭に立ち、ご協力をいただきながら、微力ですが帰山幹事ともども牽引役に徹します。何卒宜しくお願いいたします。
さて、会長方針及びスローガンですが、“老壮青”は文字どおり、ベテラン・中堅・若手です。それぞれ大切で全員野球からしか進歩は生まれません。
また、時の経つ速さを特に感じるようになり、1日1日を大切にしていかなければならないのも事実。そこから改めて書いたのが“感謝で繋ぐ”です。この“感謝”は、ロータリアンでいられることへの感謝、また鯖江に生まれ育んでこられたことへの感謝等ありがたいことばかりです。そして、現在、人口減少社会という最重要な問題の中、乱暴ですが私の見解では、その根本は、核家族を含め故郷を顧みない家庭教育にあると考えます。しかし家庭の再生にも特効薬は見当たりません。ただ、家庭を繋ぎ、ご商売を繋いでいくという努力は、今後も最大限しなくてはならないのではないでしょうか! 無論「鯖江ロータリークラブ」も繋いで行かなければなりません。
お願いは、今年度、今までよりほんの少し鯖江RCに意識を下さい。ほんの少し鯖江RCに時間を下さい。そこでスローガンに“その為に…”をつけ、下記のいくつかの目標設定・賞・サークル活動支援を掲げました。懇談会も増やします。それが「会員増強(仲間を増やし結束する)」に繋がり、鯖江RCの元気に繋がると考えます。
全員野球で頑張りましょう。どうか、気負わず・真面目に・楽しもうではありませんか!