あすかロータリークラブ

ロータリアン向け活動報告

みんな集まれまさかの為に!!

当クラブでは、2011年東日本大震災発生直後より災害復興支援委員会を立ち上げ、被災地の人々の声に出来るだけ応える事を目標に活動してまいりました。また、同年奈良県におきましても災害の爪跡を残した台風12号による復興支援活動を通して、特に防災意識の低さが懸念されている奈良県で、いつ起こるかわからない南海トラフなどの災害に対して防災意識を高める体験型のイベントを幼児から小学生を対象とし企画、2014年7月26日橿原運動公園において実施致しました。独立行政法人防災科学研究所の協力を得て、地震や非常食の体験を楽しみながら震災防災を親子で学んで頂きました。参加いただいた家族の皆様が、今後予想されている様々な災害に対し、少しでも防災の意識を持っていただけたのではないかと思っております。

 

Dr.ナダレンジャーの自然災害実験教室

(Dr.ナダレンジャー 納口恭明氏

理学博士。独立行政法人防災科学研究所主任研究員)