財団奨学金・平和フェローシップ委員会

ロータリアン向け

RI2650地区グローバル奨学生からのメッセージ[長谷川奏恵さん]

 

 

長谷川奏恵さん

所属 :福井大学医学部病態制御医学講座循環器内科

留学先:Vanderbilt大学病院循環器内科  2021年10月より留学

研究内容:疾病予防と治療

 

近況報告 (2022.3)

国際ロータリー奨学金をいただき、202210月からVanderbilt大学病院循環器内科の不整脈部門で臨床研究をしています。

当初20209からの予定でしたが、COVID-19の感染拡大に伴い幾度かの延期を強いられましたが、ロータリークラブの方々にご尽力いただき、無事、研究開始することができ5か月が経過しました。

循環器内科医として、医者人生を開始し、そこで出会った多くの指導者と担当させていただいた患者様の影響を受け、不整脈に興味を持ちました特に、遺伝性致死性不整脈の基礎的な電気生理学を理解し、それを実臨床に活かすため、不整脈の薬物治療に加えて、アブレーション治療に従事してました。

現在は、致死性不整脈の一つである、心室頻拍・細動の非薬物療法の臨床研究を行っています。その過程で、プレゼンテーションの仕方や個々の症例を結び付けて原理を考え、それを確かめていく研究姿勢というものも学んでます。また他大学との共同研究にも参加し、より様々な背景の研究者・医師たちに出会う機会に恵まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奨学金のお陰で生活面では不安なく過ごせ、研究に集中できています。人との出会いを大切にし、視野を広げ、ここで学ぶ多くのことを世界の人たちに少しでも還元できるようになりたいと思います。