財団奨学金・平和フェローシップ委員会

ロータリアン向け

RI2650地区グローバル奨学生の近況報告[芳川 裕亮さん]

グローバル奨学生・芳川 裕亮
支援クラブ:京都東ロータリークラブ
留学国・留学先機関:アメリカ合衆国・ハーバード公衆衛生大学院
受入:ロータリークラブ Somerville Rotary Club

 

国際ロータリー奨学金をいただき、アメリカマサチューセッツ州のボストンにあるハーバード公衆衛生大学院への留学を経験させていただきました。

留学前は内科医・循環器内科として働いていました。臨床に従事する中で、患者さんに良い治療・予防を提供するためには科学的根拠に基づく診療が必須であり、そのためには臨床疫学研究の理解と実践が必要であることを知りました。ハーバード公衆衛生大学院では臨床疫学研究に必要な知識と技能を体系的に学ぶことができるプログラムが提供されており、世界から集まった若手研究者と一緒に疫学と統計学を中心に学びました。

当初は2020年7月から留学の予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で1年間の留学延期となってしまいました。しかしながら、京都東ロータリークラブの方々をはじめ皆様にご尽力いただき無事2021年より留学することができ、奨学金のおかげで家族と共に不安なく現地での生活を送ることができました。

今後はハーバードで学んで知識を活かし、疫学研究を通じて循環器病を中心とした疾病の予防と治療に貢献していきたいと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

写真:2022年3月にSomervilleロータリークラブの定期ミーティングに参加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真:2021年10月にSomervilleロータリークラブのボランティア活動参加