京都田辺ロータリークラブ

京都田辺ロータリークラブ

会長あいさつ

2022-2023年度
京都田辺ロータリークラブ会長

中 坂  進

会 長 挨 拶

京都田辺ロータリークラブ
022~2023年度
会 長  中坂 進

 

この度、図らずも京都田辺ロータリークラブ会長を拝命いたしました。浅学菲才ではありますが、会員をはじめ地区関係者の皆様方のお力添えを頂き、任を果たすべく努力を致す所存です。皆様方のご指導ご支援を心からお願い申し上げます。

今年度の国際ロータリーのジェニファージョーンズ会長のテーマは「IMAGINE rotary」です。「創造(イマジン)してください。私たちがベストを尽くせる世界を。」「ロータリーへの積極的な参加が、会員の維持にとって重要である。詰まるところ会員にとっての心地よさと配慮です。」と仰っています。尾賀ガバナーからは、地区運営のスローガンを感動(ロータリアンって凄い!)、感激(ロータリアンのような人に出会ったことがない!)、感謝(ロータリアンの皆さん、ロータリークラブ、ありがとう!)を頂戴しております。 これらを受け、当クラブの今年度のテーマを『今を生きる楽しいロータリー』と致しました。

IT化が進み、人と人の結び付きが希薄になりつつある現代社会、ここに来てコロナ禍と重なり、人間関係が益々疎遠になっている現実があります。今こそロータリアン一人一人に、人間性豊かな行動が求められる時代だと考えております。『今を生きる』には,それらに即した「行動・活動をしよう」との思いを込めました。

ロータリー活動は、「志を一にする仲間と共に、より良い社会づくりを目指した活動を行う中で、自らも充実感や喜びを得て、人生を豊かにする」ことだと考えます。それには、皆が仲良く、楽しく活動するということが大切だと考え、『楽しいロータリー』と致しました。

 『今を生きる楽しいロータリーを実践するには、○ 会員一人一人の個性や経験が生かされた活動にしよう。○ 自分の価値観を押し付けず、価値観を異にする人をも受け入れる寛容さを持ち、コミュニケーションを大切にしよう。○ 一人一人の会員がやりがいの持てる活動にしよう。○ 築き上げられてきた伝統を大切にしつつも慣習や慣例に囚われることなく、クラブの実情や担当者の思いや個性を生かした活動にしよう(不易と流行)。○ ロータリー活動の原点である「例会」を楽しいものにしよう。○ 会員増強は当クラブの喫緊の課題です。会員獲得を会員一人一人の最重要課題として捉え、会員数を増やす努力をしょう。

「持続可能な住みよい地域社会のために奉仕する」の長期ビジョンを掲げて活動してきた京都田辺ロータリークラブ、先輩諸氏のご努力により着実に成果を上げて参りました。間もなく創立30周年を迎えます。会員の皆様と共に、より一層力を付けて次世代にバトンを渡すための1年にしたいと思います。