京都田辺ロータリークラブ

京都田辺ロータリークラブ

会長あいさつ

2019-2020年度
京都田辺ロータリークラブ会長

細川 治

会 長 挨 拶

京都田辺ロータリークラブ
019~2020年度
会 長  細 川  治

 

京都田辺ロータリークラブは、本年度に創立25周年を迎えます。この節目の年に会長となる重責を感じるとともに、改めて身の引き締まる思いです。

テーマは、「あたらしい世界へ。」としました。

わが国は、元号を「平成」から「令和」に改め、新たな時代へ突入しました。超高齢化社会が本格的なものとなり、インターネット社会も成熟し、AIの発達によって、世界は新たな局面を迎えることになるでしょう。私たちの生活も、未だ体験をしたことのない問題に直面することが頻繁に起きると思います。この未知の時代に、ロータリークラブはどうあるべきか。いかに社会に貢献していくべきか。わがクラブの問題としても捉えていく必要があると考えています。

もう一つ、このテーマとした大きな理由は、新しい仲間との出会いです。私自身、ロータリークラブに入ることで、人の輪が広がり、得難い体験をすることができました。一人でも多くの方に、この「あたらしい世界」を体験してほしい、もう一つの世界を作ってほしい、そういう想いを込めました。

われらが京都田辺ロータリークラブは、決して大きな規模ではありませんが、着実に地域に根ざした活動を積み上げてきました。この25年の節目を超えて、さらに発展していく礎となる1年を愛するメンバーとともに過ごしていく決意です。