近江八幡ロータリークラブ

ロータリアン向け

聖徳太子を学ぶツアー  〜職業奉仕委員会事業〜

日本人で最初のロータリアンは聖徳太子だ!と職業奉仕委員長 村田宗一郎君の掛け声のもと、聖徳太子が何を学び何を実践してきたのかを歴史の教科書ではなく法隆寺、飛鳥寺、橘寺を巡り勉強して参りました。

ご当地である大和郡山ロータリークラブのメンバーと法隆寺で合流し案内していただき、その後は例会にも参加させていただき親睦も深めることが出来ました。

来る6月15日には、大和郡山ロータリークラブからメンバーが来幡され、今度は近江八幡にある聖徳太子ゆかりの観音正寺、長命寺を案内し例会にも参加していただく予定となっております。

聖徳太子が生んだロータリアンの交流と親睦、一つで二度も三度も美味しい事業となりました。