近江八幡ロータリークラブ

ロータリアン向け

あづち・はちまんふるさと検定記念講演会〜社会奉仕事業〜

5月22日、近江八幡市文化会館にて『あづち・はちまんふるさと検定記念講演会』が開催されました。

第一部では、中井均氏(滋賀県立大学名誉教授)をお招きして記念講演をしていただき、第二部では「観音寺城・安土城・八幡山城」をテーマに当クラブ会長の田原賢君、松下浩氏(滋賀県文化財保護課)、コーディネーターの井戸洋氏(ジャーナリスト)を交えてのパネルディスカッションを開催しました。

規模が大きな石垣が残る城が三つも一つの市にあるのは全国的にも珍しく、石垣を生かしたまちづくりの実践。また、歴史を学び郷土愛をいかに育むかを討論していただきました。