福井フェニックスロータリークラブ

福井フェニックスロータリークラブ

会長あいさつ

2018-2019年度
福井フェニックスロータリークラブ会長

2018-19年度 佐々木伸会長

会長就任にあたって

会 長 佐々木 伸

 

クラブ会長方針:ロータリーをよく知り、よく行動し、よく理解しよう!

「知行合一」

 

1.2018年-2019年度バリー・ラシンRI会長テーマ 「インスピレーションになろう」  BE THE INSPIRATION

新ビジョン声明 私たちロータリアンは、世界で、地域社会で、そして、自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人びとが手を取り合って行動する世界

を目指しています。                              

2.2650地区スローガン

中川基成ガバナーはロータリーを学び、実践し、発信しよう;Enjoy Rotaryを挙げられました。

3.地区運営方針

 ① クラブの活性化

 ② 奉仕活動の奨励

 ③ 公共イメージの向上

1.2.3.のテーマ及び地区スローガン・運営方針に基づきまして、本年度のクラブテーマはロータリーをよく知り、よく行動し、よく理解しよう!です。ガバナーがエ

レクトセミナーでロータリーは人生を学ぶ場として捉えてほしいと、人は何歳になっても様々な人との出会いががあり、気づき、学びがあり人生を豊かなものにする

ことが出来るのがロータリー活動の良い所だと思います。また、知ったこと、学んだ事を行動(実践)に移していくことこそが本当の意味でのロータリーの価値が生ま

れ、理解が出来てきます。これは正しく「知行合一」です。まずは例会に出席する。そこで会員同士の親睦の輪が広がり、友情が生まれ、色々な奉仕活動に積極的に

参加することにより会員相互の信頼関係が構築でき、クラブの活性化に繫がって来ます。ロータリー活動は日本で、そして世界で良いことをしている団体です。この事

を周り(家族・友人・職場。地域社会)の多くの人達に発信していけば、今現在ロータリー人口が減少の中ではありますがひいては、会員減少に歯止めがかかればと思いま

すし、それがクラブの増強にも必ずしや繫がっていくと思いますので宜しくご理解いただければと思います。

本年度から例会回数を従来の4回から3回に変更することを合意頂きました。年間会員との顔合わせが12回減ることになりますが、その分を情報集会の回数を増やしたり、

レクレーション等の充実を計り、極力今迄の例会と違和感が生じないように努力していく所存ですので宜しくご理解のほどお願い致します。

また、前年度は当クラブの松原会員が正式にガバナーノミ二―・デジグネートに選出され、本年度からはノミニーとして2年後の2020年7月よりは2650地区ガバナーとして

就任されます。

我クラブとしは大変名誉なことであると同時に、会員全員のご協力・ご理解・ご支援が無ければ決して上手くいくとは思えません。是非とも会員皆様方のご声援を宜しくお

願い申し上げます。

 

  1. 運営方針・ロータリー賞の表彰に向けての活動を推し進める広く会員皆様方のロータリーへの疑問なり要望なり等に対して耳を傾けます 
  2. 会員増強(純増2名)
  3. 会員全員が出席して良かった、また来たいと思える例会づくりを推進めて行く
  4. 今後のクラブ繁栄とあるべき姿を描けるようにRIが提唱する戦略計画委員会設置に向けて検討開始する
  5. 実施事項情報集会9月・12月・2月・4月・6月の年間5回行ない有意義なる時間にしていく米山奨学生の例会及びクラブの行事に積極的な出席を奨励していく 
  6. ロータリーの友への関心を持って頂くために注目記事の紹介をしていく
  7. 第二例会時終了に任意の懇親会(秋吉)を開催する。(年8回会費2千円)
  8. 会員相互の親睦を一層深める為に8月・10月・5月にレクレーションの実施
  9. 継続事業福井商業高校の就職模擬面接の実施
  10. 少年サッカーの支援
  11. 一人歩き高齢者に対する支援事業
  12. 新規事業(単年度)少年サッカーチーム(32チーム)へのボールの寄贈
  13. 福井刑務所への本の寄贈