桜井ロータリークラブ

桜井ロータリークラブ

会長あいさつ

2016-2017年度
桜井ロータリークラブ会長

内田 リカコ

ロータリーを楽しもう!!

―Enjoy Rotary!!―

 

 桜井ロータリークラブは、昨年度、創立40周年を迎え、皆さまのご協力を得て記念事業や記念例会を無事終える事が出来ました。また、奈良県下第2グループ会長・幹事会や奈良県下ロータリークラブ親睦ゴルフ大会、南輪会(奈良県ロータリークラブ第2グループ)親睦ゴルフ大会のホストクラブも務めさせていただき、少人数ではありますが、クラブメンバー全員が総力をあげて本当にたくさんの行事に取り組んだ一年でした。

「少人数でもやれた」ことは自信にもつながりましたが、「もう少し人数が多ければ」ということを痛感した一年でもあり、増強が喫緊の課題であることは言うまでもありません。

一口に増強といっても難しいもので、友人をロータリーにお誘いするのにはなかなか勇気が必要です。そんなときに会員自らの口から「ロータリーは楽しいよ。だから一緒に活動しようよ」という心からのひと言が出てくれば、お誘いしやすいのではないかと思います。自分自身が楽しいと思っていなければこのような言葉は出てこないでしょうし、心からの言葉でなければ相手に伝わるはずもありません。

では、「ロータリーの楽しみ」とは何でしょうか?

私は「価値観の違ういろいろな方々との出会い」だと思っています。もちろん、ロータリーには各界の著名人もおられますし、それぞれの世界で「長」となられたご経験をお持ちの方々が大勢いらっしゃいます。自分が所属している、いわゆる「業界」の人たちとは違った職業の方々とお会いし、触れ合っていく中で「そんな考え方もあるのか?」「そんなことは初めて知った」と感じることが例会に行くたびごとにあり、学びの機会を多く得られます。

自分と違う価値観に遭遇すると、最初は戸惑い、相手の価値観を否定したり、攻撃したりすることは人の常かもしれません。しかし、価値観というものは人それぞれで「違って当たり前」で「違うからこそ面白い」のだと思います。「違いを面白がって楽しむこと」、これこそがロータリーの「寛容」と「友情」の精神につながるのだと私は思っています。そして、この「違う価値観との出会い」は、自分の考えを変えてくれたり、新しい人とのつながりをもたらしてくれたり、時には人生そのものを変えてくれるほどのこともあるかもしれません。そういった意味で、私にとってロータリークラブの例会は親睦を深める場でもありますが、自己研鑽の場でもあるのです。

ロータリーでは「入りて学び、出でて奉仕せよ」とよく言われます。ロータリアンになったことで学びの機会を得て、より高められた自分が自らの職業を通じて社会に還元するということなのだと思います。

ロータリークラブには、会員が「この人なら」と思って推薦した人たちしか所属しておりません。また、卓話にもさまざまな方々をお招きします。そういった素晴らしい方々の「違う価値観」との出会いを楽しみ、「ロータリアンであることのメリットを満喫」してこそ、その楽しさを会員以外の方にもお伝えしたいという意欲につながると考えます。またそれが、会員の維持にも役に立つことと思います。

 

そこで、私が会長をさせていただく2016-2017年度のクラブの目標を「ロータリーを楽しもう!! ―Enjoy Rotary!!―」とさせていただきます。

 

今年度は、行事の負担は比較的少ない年です。しかし、国際ロータリーの規定審議会の決定事項が非常に多くのことを「クラブによって決めてもかまわない」というスタンスを取っていることを踏まえ、変更された定款を批准する際にはそれに見合った細則、内規を整備しなければならない重要な年であるといえます。また、桜井ロータリークラブのような小さなクラブ向けだといわれているCLP体制に移行することの是非について、議論を重ねたいと思います。今年度は組織体制を固め、次年度には、より強固な体制でクラブ運営をお渡しできるようにするのが使命だと思っていますが、一方で親睦委員会活動、同好会の活動をより活発に行い名実ともに「楽しい」クラブ創りをしたいと考えています。このところ、毎年、年度終わりに退会者が出ていますが、今年度は一人の退会者も出さず、増員の形で年度が終われるように、新入会員のサポートも含めて会員の維持増強のため、適切なロータリー情報を提供し、より質の高い活動を目指したいと思います。

奉仕活動の柱は昨年に引き続き、青少年奉仕活動と国際奉仕活動とします。昨年度の奉仕活動では、「させていただいて良かった」「報われた」「こちらが元気をいただいた」と感じられるような出来事もありました。そのような思いを大切に、自己満足に終わらない、より喜んでもらえるような活動を目指します。

とにかく今年は「ロータリアンで良かった」と思えるよう、皆さんでロータリアンであることを満喫できる一年にしたいと思います。ご一緒にロータリーを楽しみましょう。

Enjoy Rotary!!