桜井ロータリークラブ

桜井ロータリークラブ

会長あいさつ

2018-19年度
桜井ロータリークラブ会長

北口 直司

「Challenge and Action―挑戦と行動」

今年度の会長テーマは「Challenge and Action―挑戦と行動」とさせていただきます。これは、私がこの5年間ロータリーに在籍させていただいた中で、自分自身がやってみて良かったという思いを文字にしたものです。今まで全くなじみのなかった考え方をする友だちと出会って、長い人生でやったことのない活動に参加させてもらったり、姉妹クラブの台南北扶輪社への訪問や世界各地での国際大会への参加など、行ったことのない場所へ行くチャンスをいただき、私自身にとって、本当に新しいことずくめのこの5年間でした。「自分の人生、まあ、こんなもんかな」と自分の世界で満足してしまっていた私にとって、自分一人では考えつかなかったことや、自分一人では到底できなかったであろうことを、ロータリーで出会った仲間たちのおかげで成しえたという思いがあります。人生終盤に至ってロータリーにかかわったのとそうでないのでは、大げさでなく、大きく違っていただろうと感じております。初めからできないと決めつけず、何でもチャレンジする精神で行動して実践してみる。たとえ失敗しても、チャレンジした過程において得るものは大きく、次回チャレンジするときの糧となると信じております。

さて、ここからは今年度へのご提案です。もちろん、わがクラブの喫緊かつ最大の課題は「会員増強」であります。純増5名(女性会員2名含む)を目指したいと思います。ひと口に「会員増強」と申しましても、大変難しいことは承知いたしております。しかしながら、今年度、中川ガバナーのテーマ「Rotary を学び、実践し、発信しよう:Enjoy Rotary」にありますように、会員一人一人がロータリーについて正しい知識を身につけて、それを発信していく、その過程でロータリーの楽しさを伝えていくことができたら、必ずや会員増強につながるものと信じております。

また、昨年度からの積み残し課題であります、夜間例会を固定とするか否か?や家族会員制度の是非について、これらはいずれも会員増強にも深くかかわる課題であります。理事会において検討の上、最善の策を探りたいと思っております。

さらに、今年度はガバナー賞の「クラブ活性化部門」の受賞を目指したいと思います。具体的には、会員2名以上の純増、女性会員1名以上の純増、My Rotary 登録率80%以上達成、入会5年未満の会員のMy Rotary 登録率100%達成などのうち3項目の達成が受賞資格となっておりますが、いずれもわがクラブにとって必要不可欠なことばかりですので、これを目指すことによって自然にクラブの活性化につながると思います。

また、先ほどの中川ガバナーのテーマにもつながりますが、ロータリー情報をクラブ全体でもう一度一から学びなおす意味で、最近、改訂されました「これだけは知っておきたいロータリー」の最新版を会員数分購入し、例会時に各会員に割り当てのページを設けて順次読み合わせをすることをご提案したいと思います。会長報告はできるだけ短くしてこれに時間を割きたいと思います。

北口年度の中心的事業としまして、ロータリー財団地区補助金事業である、「ラオス住血吸虫撲滅活動」を真の意味での国際奉仕活動として位置づけ、成功させたいと思っております。会員の皆さま方のご支援とご協力をお願いいたします。

桜井ロータリークラブは会員数が少なく、誰一人が欠けても成り立って行かないクラブです。年度の終わりに、一人の退会者も出さないことを目標に頑張りたいと思います。最後に今一度、会員の皆さまのご理解とご協力をお願いいたしまして、年頭のご挨拶とさせていただきます。

今年度もみなさん、ご一緒に「Enjoy Rotary!!」