福井あじさいロータリークラブ

福井あじさいロータリークラブ

会長あいさつ

2020-2021年度
福井あじさいロータリークラブ会長

橿尾 輝之

クラブテーマ

「初心に戻り、もう一度ロータリーに惚れよう」

 

福井あじさいロータリークラブ2020-2021 基本方針

 20~21年度RI会長ホルガー・クナーク氏は、ロータリーに参加すればより豊かで意義ある人生への機会の扉が開かれる。そしてロータリアンの奉仕活動がどこかで、誰かのために機会の扉を開く。と述べられています。RIの年度テーマは「ロータリーは機会の扉を開く」です。又、20~21年度第2650地区松原六郎ガバナーが提唱する地区スロ―ガンは「ロータリーの原点に返る」です。その理由として、RIを中心に我々を取り巻くロータリーの環境が大きく変わり、職業分類は緩くなり、例会の回数は自由となり、メイキャップができる期間も幅が持たせられるなど、様々なルールが緩和され自由度が高められて、ロータリー全体の流れが混沌とした今こそ、ポールハリスが目指したもの、つまり「ロータリーの原点」に返ることの必要性を述べられています。福井あじさいRCは今年度創立20周年を迎えます。人に例えるなら、子供から成人へ、さらに本当の大人へと成長する節目の年です。現実の大きな変化に流されず、福井あじさいRCの次の20年を確固たるものとすべく、今年度のクラブテーマは地区スローガンも踏まえ「初心に戻り、もう一度ロータリーに惚れよう」とさせて頂きます。振り返れば、クラブの創立時は国際交流会館に於いて、親睦委員は例会の始まる一時間前に駐車場と会場に集まり準備と車の整理をし、SAA・副SAAもしかり、他の委員会も初めてのロータリー活動に緊張感とひたむきさを持って励行し先輩クラブのロータリアンの指導を受けました。そのロータリーに対する受容性と積極性が非常に大切だと私は思います。ロータリーはいいよと聞いて入会し実際にそう感じ、素晴らしい会員とも知りあえたあの時の期待感と喜びを、チャーターメンバーも入会年数が若い会員も改めてもう一度思い出し、そしてもう一度ロータリーに惚れ込んで、この新鮮な気持ちを持続して頂ければと思います。

会員皆様、宜しくお願い致します。

 

事業活動計画

※社会奉仕委員会

福井あじさいRC創立20周年記念事業として、障がい者との相互理解を深めるための 「手話によるパフォーマンスイベント」を福井駅前ハピテラスで、全会員は勿論市民や 障がい者の人達も参加する大きな事業(財団の補助金申請事業)を行う。

 

※職業奉仕委員会

継続事業としての高校生模擬面接の実施。又、職場訪問移動例会も会員のご協力を得て行う。今年は「四つのテスト」「職業奉仕」についてのフォーラムを計画する。

 

※国際奉仕委員会

福井あじさいRC20周年として、タイとフィリピン両国での奉仕活動の計画は新型コロナの影響でタイの方は中止とします。2021年6月のフィリピンでの事業に注力する。 多くの会員の参加を募って行う。

 

※青少年奉仕委員会

地区の運営方針を踏まえ、過去の自然災害に関連した活動として、災害地の子供達への本の贈呈と読み聞かせ(例;東北)の再開の計画。

 

※ロータリー財団・奨学

財団への支援は、年次基金寄付 180ドル以上/人 ポリオプラス30ドル以上/人目標

今年度は、米山奨学生としてマレーシア出身女性の福井大学生ロー・ルイ・シャンさん を受け入れます。又、寄付目標は24、000円以上/人です。

 

※会員増強委員会

今年度は、会員数を70名を目標としますが、福井あじさいRCが新会員にとってぴったり合うか、そして新会員の期待に応えられるよう委員会をふくめてクラブ全体で努力する。

 

※親睦委員会

会員同士の親睦交流は、クラブの運営上、大変重要なことです。それと同時に例会時でのスムーズな進行にも大きな役割を果たすことなので、より一層の親睦を図る。

 

※SAA・出席委員会・プログラム委員会

整然としたなかでも、福井あじさいRCらしさである若々しさと楽しさのある例会の進行をして頂き、出席する会員にとって魅力的で楽しい、そして有益な例会の企画をお願い致します。

 

◆今年度は、20周年記念事業として、10月4日に「手話によるパフォーマンス」イベント。21年4月23日(金)に記念式典を行いますので、皆様のご協力をお願い申し上げます。

新型コロナに負けずに、例会が再開した時は元気な顔を合わせましょう。

最後に、一年間宜しくお願い致します。