福井水仙ロータリークラブ

福井水仙ロータリークラブ

会長あいさつ

2021-2022年度
福井水仙ロータリークラブ会長

元結 一郎

福井水仙ロータリークラブ2021-22年度

会長方針

「アイデアと工夫と充実」

今年度国際ロータリー会長のシエカール・メータ氏は、「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」をテーマに掲げ、奉仕する事で、誰かの人生だけでなく、自分の人生も豊かになります。と言われています。

また当2650地区ガバナーの馬場 益弘氏は、「活力と耀き」―ロータリーの基本を大切にーをスローガンに、コロナに負けず、仕事に活力をめぐらせ、周りの人たちに輝く笑顔を取り戻すことに専念する時です。と訴えています。

当クラブも前年度で15周年を終えて20周年に向けてのスタートの年です。しかし誰もが考えてなかった新型コロナウイルスです。2年目になってもまだまだ猛威を奮っています。しかし我々も手をこまねいているのではなく“アイデアを皆で出だし合い工夫をした行動で充実したクラブ活動“を今年のテーマにやらせて頂きます。その為にも各委員会ともよく話し合い、いろいろな提案をして皆さんの意見を聞き、工夫のあるロータリー活動にします。

そして皆さんと共に クラブ例会、奉仕活動、親睦活動、同好会活動、に参加できる喜びを感じわがクラブの長所である団結力のある水仙クラブがさらなるパワーアップを計り、そして一番の課題である会員増強30人の目標と共に一年間伊林幹事、理事、委員長をはじめ皆様共に楽しく、そして、元気よく一年間やらせて頂きます。

よろしくお願い申し上げます。