五條ロータリークラブ

五條ロータリークラブ

会長あいさつ

2018-2019年度
五條ロータリークラブ会長

吉川 和伸

「質素にして気品」を より追求しよう

 

2018-19年度五條ロータリークラブ会長挨拶

 「質素にして気品」に満ちたロータリー像を。追求しようとする、五條ロータリークラブの、2018-2019年度会長に選任されました。創立60午を経過して最初の年度であります。60年間培った、五條ロータリークラブの匯史と伝統を、しっかりと継承しながら新た出発点として微力ながら貢献していきたいと思いますので、ご支援ご協力をお願いします。

さて、2018-2019年度、西インド諸鳥の「パハマ」から退出された。バリ一・ラシン国際ロータリークラプ会長は、『前向きな変化を生み出し、私たちが今日直面する課題に勇気と希望。そして創造性をもって正面から立ち向かう意欲を、クラブ、地域社会、そして、組織全体から引き出すための「インスピレーションとなる」必要があると語っています。そして、ロータリーは可能性を指示し、そこに到達する意欲を引き出し。行動を通じて世界の「インスピレーションになる」ための道を拓いてくれると言われています。

また、2018-2019年度2650地区中川基成ガバナーは、「ロータリーを学ぴ実践し発信しよう」を目標に掲げています。「学び」は、例会や奉仕活動、各種研修、ロータりーの友等から幸んで知識を豊富にし、「実践」は学んだ知識を実際に行動に移してロータりーとしての価値を得て、より一層社会認知されるために「発信」していこうという意味であろうと考えます。

このことを受けて、五條ロークリークラプは2018-2019年度のテーマとして、「ロータリーの神髄を再確認し、社会の発展のために行動しよう」を掲げたいと思います。知識を一層得たうえで行動し、ロータリーの神髄を再確認し社会のために、地域社会のために貢献しロータリーの価値を高めたいと考えました。

また、行動項目として三点を挙げさせていただきました。

1.ロータリ一に対する疑問の払拭
2.奉仕活動の工夫と活発な行動
3.情報、発信の活性化 です。

会員の皆様力方の協力がなけれぱ何もできません。五條ロータリークラブのために、絶大なるご協力をお願いいたします。。