東近江ロータリークラブ

東近江ロータリークラブ

会長あいさつ

2022-2023年度
東近江ロータリークラブ会長

津野 聖士

 

先輩諸兄が培われた歴史と伝統ある東近江ロータリークラブの第62代会長に就任いたしますことは、

身に余る光栄とともに責任の重大さに身の引き締まる思いでございます。

メンバー皆様のご支援をいただき、誠心誠意クラブ運営に取り組んで参る所存でございます。

昨今のコロナウイルス感染拡大の影響で、多くの事業や例会が制限され、困窮した日々が続きますが、

ワクチン接種も進み、少しでも元の社会に戻ることを信じ、

私も社会の一員として、できることから社会貢献に取り組んで参ります。

2022-2023年度国際ロータリーテーマは「イマジン ロータリー」、

地区スローガンは「感動、感激、そして感謝」を掲げられました。

私自身ロータリーに入会して14年が経ちました。

その間に諸先輩方から、我がクラブの歴史と精神を継承したロータリー活動を学ばせていただきました。

メンバー皆様と一緒に親睦を通し活動していく中で、感動と責任が生まれ、自分なりに努力し、

結果として感激と感謝を得られることとなり、楽しさに変わったと思います。

ロータリーの根幹は、親睦と奉仕であると思い、

クラブのテーマを「楽しもうロータリー 深めよう親睦と奉仕」とさせていただき、

メンバー皆様が一丸となり、知恵を出し合い奉仕を行い高潔な会員相互の親睦を深めることが、

会員増強にも繋がると考えます。

未来を見据え、東近江ロータリークラブの発展のためにも、

楽しくなければロータリーではないを念頭に置き、

メンバー皆様の貴重な例会時間が、少しでも価値ある居心地のいい場所になるよう努めることで、

増強にも繋がるクラブ運営に取り組んで参ります。

会員皆様の絶大なるご支援ご協力をどうぞ宜しくお願い申し上げます。