橿原ロータリークラブ

橿原ロータリークラブ

会長あいさつ

2021-2022年度
橿原ロータリークラブ会長

森川善隆

「新旧会員の融合による更なる結束とコロナからの迅速な反転攻勢を

 

2020年はコロナに始まり、翻弄された一年でした。私たちの橿原ロータリークラブも計画していた多くの事業を中止せざるを得ない事態に直面しました。そのような激しい逆風が吹く中で、前年度ではギリギリまで全ての事業継続に果敢に挑み、更には永年の課題であった会員増強に大変大きな成果をあげられました。

まだまだコロナへの対応は予断を許さない状況が続くでしょうが、メンバー一人一人の安全を守る為に最善を尽くし、不安を抱く方々がその不安を凌駕する期待と希望を感じられるクラブを実現したいと思います。

今年度で橿原ロータリークラブは創立65周年を迎えます。伝統ある橿原ロータリークラブが今後一層の発展を遂げるためには、まずは比較的入会年度の浅いメンバー、特に前年度に入会された方々がクラブに溶け込み、そして旧来のメンバーと融合し、結束を強化することが喫緊の課題であると考えます。

新旧一人一人のメンバーが、各々の役割を十分に認識し、懇親を深めながら、楽しく、やりがいを持って例会や以下の事業に積極的に参加できるように工夫を凝らしていきたいと思っています。

例会についてはプログラム委員会のご協力を得ながらより魅力あるものに、また、出席・ニコニコ箱・ソング委員会や会員増強委員会のご協力を得ながら出席率の向上にも取り組んでいきます。幹事ともども会員の方々とできるだけお会いして、場合によっては議論を深め、コロナの逆境から迅速に反転攻勢に出られるよう準備し、勇気を持って楽しみながら実行に移していく所存です。

シェカール・メータ2021-22年度RI会長は、所信の中でまずは会員増強を、そしてロータリークラブ会員からロータリアンになることを、そして特に「女子のエンパワメント」が焦点になると訴えられています。2650地区スローガンも「活力と輝き~ロータリーの基本を大切に~」と決まりました。私たち橿原ロータリークラブもコロナによる逆風を押しのけて、迅速に果敢に反転攻勢をかけていきましょう。

前年度に中止せざるを得なかったプログラムや事業の復活や再開を前提に、臨機応変に対応できる態勢が求められており、会員の皆様のより一層の団結をお願い致します。

事業
●障害者サッカー教室(前年度事業の復活)
●医療・福祉機関へのコロナ対策支援(物品の寄贈)
●納涼例会や親睦家族会の復活
●委員会の活性化