橿原ロータリークラブ

橿原ロータリークラブ

会長あいさつ

2017-2018年度
橿原ロータリークラブ会長

藤岡宏章

本年度、イアン・H.S.ライズリーRI会長は「ロータリー:変化をもたらす(Rotary:Making a Difference)」をテーマとされました。「奉仕を通じて人々の人生に、地域に、世界に変化をもたらし、ひいてはロータリアンそのものの人生を豊かに生きよう!」と力強く語っておられます。

そして本年度、第2650地区 田中誠二ガバナーは「愛着と誇り」をスローガンにされました。人生や仕事、ロータリーに愛着と誇りをもって行動することで、クラブの魅力を引き出し、よりよい地域づくりと日本の発展さらには世界の平和と繁栄に向けて、変化をもたらすことにつなげたいと考えておられます。

諸先輩が築いてこられた伝統ある橿原ロータリークラブは60周年が過ぎ70周年を迎える第一歩の年となりました。しかし一方では会員の減少、さらに厳しい経済状況の下、私たち自身やクラブ自体が抱える問題も少なくありません。

このような時代環境の中、クラブの原点に振り返り、精神と伝統を大切にしながら、将来のクラブのありたい姿を想像し、ありたい姿に向かって取り組んでいきたいと考えています。そして会員一人ひとりのロータリー観を尊重しながら地域に根差した奉仕活動の推進と魅力あるクラブ創りの推進をすることによって活気ある楽しいクラブ創りを目指してまいりたいと思います。そしてよりよい地域づくりと、クラブの基盤強化に向けて変化をもたらすことと考えます。

【テーマ】 「伝統と変化」

【活動計画】

  1. ロータリージュニアサマースクールの継続
  2. 地区補助金を活用した奉仕活動の実施
  3. 学童野球大会の開催
  4. 出席率100%例会の実施
  5. 会員60名の会員増強
  6. 公共イメージや認知度の向上
  7. 全員参加の委員会活動
  8. 伝統文化「こども達と和のつどい」の継続