京都平安ロータリークラブ

京都平安ロータリークラブ

会長あいさつ

2018-2019年度
京都平安ロータリークラブ会長

岡本 和真/Kazuma Okamoto

会長テーマ

「Be the Flexible Rotary」

2018-2019年度京都平安ロータリークラブ会長を仰せつかりました岡本和真と申します。よろしくお願いします。

2011年に京都平安ロータリークラブに入会して7年になります。入会当時は6割ほど例会に出席できるだろうと予測しましたが、入会後まもなく職場内で配置転換があり、業務増加のために例会出席率がさらに減りました。このため退会を考えましたが、この京都平安ロータリークラブの人たちがこんな私を暖かく見守って下さったお蔭で今日まで会員を継続できました。会長になっても例会の欠席が多いと思うと宣言すると、このクラブの方々は「会長挨拶を中継にしよう。」とか「ビデオ撮りして欠席のときはそれを映そう。」とか発言して色々な柔軟なアイデアを出して下さいます。私にとっては一番良いクラブにめぐり会ったと思っております。

ロータリークラブで出会う方々は、学ぶべきところを多く持った素晴らしい人が多いと思います。奉仕活動等だけでなく、こういったロータリークラブの良い点を非会員の人たちにも知って頂き、本クラブの会員がひとりでも増えてくれたらよいのにと思います。入会した会員が退会せずにクラブ活動を継続するには、ロータリークラブの規律も変化し、柔軟になるべきではないかと思っています。若い会員は職場内で時間を自由にコントロールできる立場にない人が多いと思いますし、休日は家族サービスをしたい人も多いと思います。そんな若い世代でも継続できるような体制にロータリークラブはなるべきだと思い、今年度の私のテーマを「Be the Flexible Rotary」としました。世の中は企業も経営の合理化や競争力の強化のために合併したり、協業したりしています。ロータリーも会員数の少ないクラブ同士が協力し合って各会員の負担減を実現したり、奉仕活動をより効果的なものにできたりすれば良いなと思います。「Be the Flexible Rotary」、この1年間どうぞよろしくお願いします。